ストレスが影響する?

ストレスが影響する?

脂肪肝

現代社会はストレス社会と喩えられることも多いように、ストレスを受けない生活は非常に難しいです。
このストレスと上手く付き合っていかないと、脂肪肝のリスクも高くなります。意外とストレスとも関係しています。

 

ストレスが影響する?

 

人は過度なストレスを受けると、さまざまな機能をコントロールしている自律神経が乱れてしまいます。
交感神経が高揚し、副交感神経が落ちてしまうと、興奮状態が続いてしまいます。
そして、異常な食欲などが起こります。
こうして暴食に走ってしまうと、余計な脂肪が肝臓に溜めこまれ、脂肪肝になります。
もしストレスで異常な食欲に襲われたときは、一度深呼吸してみましょう。気持ちをリラックスさせると落ち着きます。

 

また、ストレスを発散するためにお酒に走ることはありませんか。
ストレス発散目的でお酒を飲んでしまうと、大抵飲み過ぎてしまいます。これを繰り返すと、肝機能は低下し、脂肪肝になってしまいます。

 

ストレスを防ぐことは難しいので、いかにストレスを発散させるかが大切です。食欲やお酒で発散するのでなく、運動や趣味などで気持ちよくストレスを解消しましょう。