肝臓に悪い食べ物

肝臓に悪い食べ物

脂肪肝

肝機能を高めたり、正常な状態を維持するためには食生活が重要です。
最近は、知らずのうちに肝臓に悪い食べ物を大量に摂っている傾向にあります。

 

たとえば、脂肪分の多い肉類や揚げ物、糖分の高いお菓子などは肝臓に負担をかけてしまいます。
余分な脂質やエネルギーは肝臓に溜めこまれるため、脂肪肝の原因にもなり、他の肝臓の病気を誘発してしまいます。

 

もちろん、お酒も肝臓に大きな負担をかけます。
肝臓はお酒のアルコールを分解する働きがありますが、肝機能が低下していたり、大量のお酒を摂取すると分解機能が遅れてしまいます。そして肝臓に異常が起きてしまいます。

 

肝臓に悪い食べ物

 

暴飲暴食は最もやってはいけない行為です。
飲み過ぎ・食べ過ぎが重なると、肝臓にかかる負担は大きくなります。
偏った食生活や、遅い時間に食事をとるなど、食事のバランスの悪さも肝臓に影響してしまいます。
栄養バランスの良い食事を出来るだけ定時に食べるようにするべきです。

 

また、便秘状態になると肝臓に影響してしまうので、腸内をキレイにする食べ物も摂るようにしましょう。