肝臓に良い食べ物

肝臓に良い食べ物

脂肪肝

脂肪肝や肝炎、肝硬変など肝臓の病気は主に食生活に原因があると指摘されています。ですから、食生活を見直し、肝臓に良い食べ物を取り入れることで、これらの病気を予防することが出来ます。

 

まず一つは「タンパク質」です。肝臓はタンパク質が欠かせないので、良質なタンパク質を十分に補給する必要があります。
たとえば、大豆製品や乳製品に多く含まれているので、出来るだけ低カロリーの食品を見つけてタンパク質をしっかり補給しましょう。

 

次に「タウリン」や「オルニチン」です。
肝臓に良い食べ物の定番、牡蠣やしじみに含まれる栄養素のことです。
これらの栄養素は肝機能を高める働きがあります。ちなみに、牡蠣などに含まれるアラニンは肝臓のエネルギー源になります。
また、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEといったビタミン類も肝機能の向上に役立ちます。

 

最近では、「スルフォラファン」という栄養素も注目度が高まっています。ブロッコリースプラウトに多く含まれる栄養素のことで、肝機能を高める働きがあるとされています。大手企業のKAGOMEでも、ここに着目し、スルフォラファンのサプリを販売しています。

 

このように、肝臓に良い食べ物は多々あります。
これらの食品を食生活に取り入れることをおすすめしますが、あくまでバランスが重要です。
栄養バランスの良い食事を定時に摂る食生活が理想的です。食生活の改善が難しいときは、食事に気をつけつつサプリを利用すると、効率よく肝臓に良い栄養素を補うことが出来ます。

 

もしも肝臓のトラブルが見つかった場合は、医師の指示に従い、食事療法を行ってください。