脂肪肝を調べる検査

脂肪肝を調べる検査

脂肪肝

脂肪が蓄積されている状態の脂肪肝が長期的に続くと、肝硬変や肝がんなど、さまざまな病気に発展してしまいます。重症化を防ぐためには、早いうちに気付くこと、対処することが大切です。
しかし、脂肪肝になっても、自覚症状はほとんどないために気付きにくいものです。
ですから、定期的に検査を受けることが重要となります。

 

一般的な健康診断などでは血液検査で脂肪肝を調べることができます。
しかし血液検査はあくまで簡易的なもので、具体的には肝臓の検査を受けないと調べることができません。もし血液検査で引っかかったときには、専門の検査を受けるようにしてください。

 

血液検査において脂肪肝に関連しているのが「γ-GTP」やGOT、GPTといった数値です。

 

GOT・GPTは肝細胞内に存在する酵素のことで、肝臓が正常であれば血液中から検出されません。したがって、血液検査でGOTやGPTの数値が高ければ、肝細胞が破壊されていることになり、肝臓に異常が起きている合図です。
通常よりも激しく上昇している場合は、肝炎や肝硬変、肝がんなどを発症している疑いが濃厚です。